あこや真珠の色について

田辺真珠養殖場の真珠の色調基準について

真珠の色調には色々な呼び方をされている事があり、皆様も迷われることと思います。

田辺真珠養殖場では、色見本を保管管理し標準を作成していますが、その中から皆様にご理解いただきやすいよう

今回はあこや真珠の一般的な真珠の色の区分について、報告させていただきます。

もっと詳しい学術的説明は、当社が花球鑑定鑑別書を依頼しております、真珠科学研究所など研究機関にてご調査ください。

 

あこや真珠には、大きく分けて

1.ホワイト系

2,ナチュラルゴールド系(金色系)

3.ナチュラルグレー系

の3つが代表的な物です。

ただし、明確に区分されるわけもなく、色調は無段階に変化しますので、分類しづらい中間的な色合いもあります。

これ以外には、あこや染めと言って、

真珠を染色した製品もあります。これは、業界で「そめ」と呼ばれ区分されています。

どれが価値があるかという問題ではなく、あくまで好みと流行の問題です。

一時的にゴールド系が流行したり、ホワイト系がうけたりと、

その時々により、需要と供給バランスで変化するのが一般的です。

 

1.ホワイト系にもいくつかの色調が出ます。

①ホワイト

反射輪郭に他の色が少なく、見た目に白色に統一された反射光が見られる。

 

②ホワイトーピンク

反射光や、全体の色合いが淡い桜色に見えます。

 

③ホワイト-グリーン

全体は白色に見えるのですが、反射輪郭にわずかにグリーンの反射光が見られます。

 

④ホワイト-ブルー

ほんのわずかで、わかりずらいのですが、反射光に微かなブルーを感じます。

 

下記写真は、右側から

①ホワイト、②ピンク、③グリーン、④ブルー

と言う順に並べて写真を撮っています。

トリミング以外、色調整は全く加えていません。

白地のツヤのある布地においていますので、反射色調が強調されて見えています。

ホワイト系真珠の色の違い

2.ナチュラルゴールド系

ゴールド系は、差がわかりにくいのですが、微妙な色調差があります。

①ゴールド-ピンク

光沢にわずかにピンクを感じる程度の反射光があります。

 

②ゴールド-グリーン

同じくグリーンをわずかに感じる程度の反射光があります。

 

③ゴールド

光沢の反射光にゴールド以外の色調をあまり感じないもの。

ゴールド系の色の違い

 

3.ナチュラルグレー系

①グレーの中にわずかにグリーンの反射光を感じるもの。

②ナチュラルグレー以外の色調をあまり感じないもの

③グレーの中に反射光の輪郭にピンクを感じるもの

写真は、非常に微妙ですが、右から

①グレーグリーン、②グレー、③グレーピンク

ちょっと、わかりづらいでしょうか。

 グレー系色の違い

番外編

-あこや染め-

黒真珠と混同する方がお見えになりますが、全く違います。

あくまであこや真珠をこのような色合いに染め付けている商品です。

あこや染め

以上、概略のご説明でした。

商品の説明にこの内容でご説明しております。

ご不明点は、お問い合わせください。

よろしくお願いします。

カテゴリー: アコヤ真珠について パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>