真珠の種類

本真珠の種類

真珠と一口に言ってもたくさんの種類があります。 初めての方にわかりやすいように説明させていただきます。 本真珠という呼び方は、イミテーションではない天然真珠と養殖真珠の総称と考えていた だいても問題ないかと思います。 天然真珠とは、大まかに言うと真珠層をもった貝が、異物などと外套膜を一緒に体内に入 れてしまい、排出することができなくなり、自ら真珠層をまいてしまったものです。 従って、滅多に存在しない大変希少なもので、人魚の涙と言われていたのもうなずけま す。ただ、自然物であるため形は小さく不揃い、変形したものがほとんどでした。

養殖真珠は、人工的に淡水産2枚貝を真円に加工整形した核を外套膜と一緒に貝の体内に 挿入し、真珠を量産できるようにした技術です。世界に先駆けて、初めて真珠養殖に成功 した地が、我が三重県志摩市の英虞湾であることは、有名です。最近は、核に色々な材料 を使用する真珠も出てきていますが、養殖真珠としての定義から外れるのでは?という論 議もあります。また、淡水真珠などは、核を使わず外套膜だけを挿入したライス型真珠も あります。

真珠

イミテーション

貝パール、プラスチックパールなど

本真珠

天然真珠

あこや真珠

南洋真珠

淡水真珠

マベ真珠(半円真珠)

その他 コンクパール、メロパールなど

写真は、あこや真珠養殖で有名な英虞湾に浮かぶ真珠養殖筏

あこや真珠

太平洋、インド洋など熱帯・亜熱帯に広く分 布し日本の太平洋側中部以南に生息している 貝で、内側に美しい真珠層を有する。日本を 代表する真珠養殖につかう貝です。 大きくても10数センチ程度の貝なので、 7.0ミリから、9ミリ程度の大きさの真珠が主 流となる。田辺真珠養殖場では、大型のアコ ヤ貝を育て、高い技術をもって、9ミリから 10.5ミリという、あこや真珠では、最大級の 真珠養殖を得意として定評をいただいていま す。 あこや真珠の特徴は、真珠層の輝きにガラス コートをしたような透明感と奥深い反射です。 ほかの真珠にはない繊細さが最大の魅力。清楚 で、優美な日本の伝統美。 右の写真は、真珠の核入れ作業(玉入れ)で す。色々な道具もさることながら、貝にダメー ジを与えないように各養殖業者がノウハウを 競っています。

写真はアコヤ貝

上質なあこや真珠の花珠(花珠とは最高品位の総称)真円真珠

 

花珠ネックレスの一例

個性を重要視するヨーロッパなどっで人気のバロックと呼ばれる非真円真珠

写真は当社田辺真珠オリジナルのブレスレット

*********ここまで、日本の特産品 あこや真珠**********

淡水真珠

淡水の貝を使った養殖技術で、当初は外套膜のみを挿入し、俵型やティアドロップ型の 非真円真珠が、始まりでしたが、最近は、核を使った真円養殖真珠も作られるようになっ てきました。真珠層は厚いのですが、輝きが今一歩という評価があったものの、最近は、 技術も向上し品質も高いものが生産されるようになりました。 主に中国で養殖されることが多く、人件費も安いことから、非常に安価な価格を武器に市 場を伸ばしてきたのが実情です。比較的小さなものが多いが、近年では8ミリ、9ミリの 大型のものも見かけます。 写真は、中国産淡水真珠ネックレス。

 

南洋真珠

白蝶貝、黒蝶貝を主体とした養殖真珠で、貝が大型のため、真珠も大きいのが特徴です。 10ミリから15ミリ、中には20ミリをゆうにこえるような大型のものもあります。 色は、ゴールド、白色系、黒などで、見た目のゴージャスさは、抜群です。 オーストラリア、タヒチ、インドネシア、フィリピンなどの南の国々で養殖されてます。

写真は、南洋真珠の真円タイプ

南洋真珠 非真円タイプ バロックと呼ばれる真珠

 

以上概略を紹介いたします。他にもマベパールと呼ばれる、半球形(半円真珠ともよばれる)真珠などもあり、たくさんの種類がありますが、代表的なものを紹介させていただきます。

もし、色々わからないところ、ご質問等々がありましたら、弊社問い合わせフォームからお問い合わせください。info@tanabe-pearl.com にメールをいただいても結構です。

よろしくお願い申し上げます。

 

カテゴリー: アコヤ真珠について タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>