ページ上部の写真は、ドイツの展示会にて現地の雑誌に掲載された写真です。
写真中央が田辺真珠養殖場オーナー 田辺伴一真珠匠です。


田辺真珠養殖場は、日本の真珠養殖 生産者としていちはやく海外のメディアに取り上げられていました。 それは、真珠を養殖するノウハウや技術はもちろんのこと、高品質の真珠を純日本産として産み出しつづけているからであります。 真珠養殖としては無理であろうと考えられていた、希少価値の高い10mmを超えるアコヤ真珠 や カラー真珠(色つき)などの生産に成功をしているからでもあります。

また、真珠の質の高さから様々な方面からのコラボレーションのお話しも頂戴しております。 日本文化伝統の真珠を、高品質な真珠を、これからも三重県志摩市 英虞湾から世界を視野に入れて提供していこうと邁進しております。

▲上の写真はドイツの雑誌 Goldschmiede Zeitung ( ゴルトシュミート ツァイテング ) に紹介されたカラー真珠です。真珠に色を付けたのではありません。この色が自然なのです。真珠貝に金属蛋白を取り込んで育てて、真珠に色を付けることに世界で始めて成功しました。 ( 1997年 )

 

▲出来上がった真珠に色を付けたのではありません。この緑色の真珠がアコヤ貝で養殖することに成功しました。真珠貝に金属蛋白を取り込んで育てて、真珠に色を付けることに世界で始めて成功しました。 人工的に染色した色ではありません。自然の色であるが故に不思議な魅力があります。 ( 1997年 )

 

▲京都府伝統産業 優秀賞受賞作家 喜芳(きほう)さん との コラボによって実現した、真珠を使用した念珠。
PageTop