伊勢志摩のアコヤ真珠

  • company10

真珠王 御木本幸吉は故郷の伊勢志摩の海で天然真珠を採るために乱獲され減少していたアコヤ貝の保護と増殖、さらに真珠の 養殖を決意し、 1893年(明治26年)世界で初めて真珠の養殖に成功しました。その後、伊勢志摩真珠は世界の高級真珠の代名詞と なりました。日本が世界に誇る「アコヤ真珠」。 ジュエリーに欠かせない真珠の中で、日本の四季と職人の技術から作り出されるアコヤ真珠は光沢、色合いが最も美しいと評価 されています。アコヤ真珠のジュエリ ーの魅力は何と言っても、その上品かつ優しさのある輝きです。 そのアコヤ真珠は、最高の輝きを創り出す「巻き「」てり「」形」を求める世界中のバイヤーから珍 重されています。

10